So-net無料ブログ作成

「閣僚は国務に専念を」=小沢氏(時事通信)

 民主党の小沢一郎幹事長は25日午後、福岡市で記者会見し、枝野幸男行政刷新担当相ら閣内から党運営への批判が出ていることについて「国務大臣は国務に専念していただければいい。それぞれの分野でそれぞれが全力を尽くすということが挙党一致だ」と不快感を示した。
 執行部に対しては生方幸夫副幹事長も批判を強めているが、小沢氏は「そういう一、二の例はあるかもしれないが、民主党全体としてはみんなで協力しようという意識はますます強固になっている」と強調した。 

<強風>足場が倒壊、けが人はなし 京都の阪神高速建設現場(毎日新聞)
裁判員の判断尊重、控訴判決は10人全員棄却(読売新聞)
産経志塾「立派な日本人が日本をつくる」(産経新聞)
初のコウノトリ巣塔設置へ 兵庫・養父市(産経新聞)
自動車関係税見直しで研究会=30日に初会合−総務省(時事通信)

<日米密約>破棄可能性の文書は6点 岡田外相が明らかに(毎日新聞)

 岡田克也外相は26日の衆院外務委員会で、東郷和彦元外務省条約局長が先の参考人質疑でファイルに整理していた最重要文書16点の一部が破棄された可能性があると指摘した問題で、見当たらない文書は計6点であることを明らかにした。岡田氏は「資料がどうなったのか、当然疑問が生じる」と述べ、調査を急ぐ考えを強調した。

 東郷氏は「8点がない」と主張していたが、毎日新聞が調べたところ、未発見の記録は1960年1月20日付の「高橋通敏条約局長と米大使館マウラ氏の会談録」など6点で、外相の今回の発表と一致した。

 同会談録は、米側が、「核持ち込み」とは陸上配備を指し、海上については(核兵器配備を肯定も否定もしない)NCND政策によって説明しないとの見解を示したとされる内容。この文書が存在すれば、事前協議制度に関して「日米間の解釈のずれがあった」などとした有識者委報告を根底から覆すことになる。【中澤雄大】

【関連ニュース】
日米密約:谷内前次官の招致、自民が難色
日米密約:文書「破棄」を第三者委で調査へ
非核三原則:鳩山首相に長崎市長らが法制化を要請
日米密約:リスト定かな記憶ない…藤崎駐米大使
日米密約:「破棄」文書、外務省が調査へ

男児暴行死、傷害致死罪に変更=両親殴打が原因と判断−東京地検(時事通信)
強風で運休相次ぎ、ダイヤに乱れ…JR京葉線など(読売新聞)
郵貯限度額上げ「議論が必要」=首相(時事通信)
奈良県立美術館でM.C.エッシャー展始まる 80作品を紹介(産経新聞)
SL山口号スタート(産経新聞)

全国最後の新潟で裁判員判決=覚せい剤事件、懲役10年(時事通信)

 覚せい剤約5キロを密輸したとして、覚せい剤取締法違反(営利目的輸入)罪などに問われたロシア国籍の船員ロマノフ・オレグ・ニコラエヴィチ被告(42)の裁判員裁判で、新潟地裁(山田敏彦裁判長)は25日、懲役10年、罰金300万円(求刑懲役13年、罰金500万円)を言い渡した。
 制度がスタートした昨年5月以降、実施対象の60地裁(支部を含む)すべてで、裁判員裁判の判決が出された。
 同被告は覚せい剤とは知らなかったと主張したが、判決は「箱に隠して持ち込もうとしたことなどから違法薬物と認識していたと推認できる」と認定した。 

【関連ニュース】
【特集】裁判員制度
「酒井法子」「飯島愛」がアジアで愛された理由
〔写真特集〕知られざる塀の向こう側 刑務所の実態
〔写真特集〕違法薬物〜密輸、栽培の実態〜
死亡男児にアイロンの跡=容疑者夫婦を起訴

政権半年で首相「即決する時、自分の意思示す」(読売新聞)
三浦りさ子さん追突事故=タクシーに、けが人なし−東京(時事通信)
逮捕の会社員、拳銃約30丁所持=銃刀法違反で再逮捕−広島県警(時事通信)
対台湾「従来の立場変えず」=鳩山首相(時事通信)
生方副幹事長 「通常異動」で解任へ 民主 不服申し立て封じる(産経新聞)

豚舎2棟が全焼、550匹焼け死ぬ…福島(読売新聞)

 21日午前1時10分頃、福島県白河市東下野出島、佐久間畜産(佐久間文男さん経営)の豚舎から出火、木造平屋約1000平方メートルと、隣接する鉄筋平屋約400平方メートルの豚舎計2棟が全焼し、約550匹の豚が焼け死んだ。けが人はなかった。

 白河署の発表によると、豚舎では暖房用にガスヒーターを使っており、夜間も稼働していたという。

 同署で出火原因を調べている。

<鶴岡八幡宮>「無事に育って」…移植の大銀杏を一般公開(毎日新聞)
秋葉原無差別殺傷 きょう第6回公判(産経新聞)
<ケヤキ・庭石訴訟>元助役らに7億円賠償命令 福岡地裁(毎日新聞)
37歳長男をハンマーで殴り殺害容疑、父逮捕(読売新聞)
北海道の公立学校 9割超で校長交渉 北教組資料 要求のませ文書化(産経新聞)

パラマウントの介護ベッド事故は製品起因の疑い―消費者庁が注意喚起(医療介護CBニュース)

 消費者庁は3月16日、過去に重大な事故があった介護器具の調査結果を発表した。問題となっていたのは、パラマウントベッド製の「介護ベッド用手すり」と象印ベビー製の「歩行補助車」の2製品。いずれも事故は製品起因が疑われるとして、改めて消費者に注意を喚起した。

 介護ベッド用手すりについては、2008年5月に兵庫県の介護施設内で、スイングアームのすき間に80歳代の女性が頭を入れた状態で発見された。女性は重傷。縦15センチ、横34センチのスイングアームのすき間に頭が入った経緯は不明だが、「パラマウントベッドが01年から、すき間を埋めるためのT字型簡易部品を無料配布していたこともあり、製品起因の疑いが強い」(経済産業省商務流通グループ製品安全課製品事故対策室)と判断した。

 パラマウントベッド広報部は「これまでも01年から継続して注意を喚起するDMや冊子の配布などをしてきたが、今後、さらに対策を強化する」としている。

 歩行補助車については08年4月、東京都内の高齢者が使用中に転倒して重傷を負った。二次ロック式の折り畳める製品で、通常の使用時に二次ロックは正常に作動するが、「折り畳まれた状態からゆっくりと開くと、一次ロックがされたものと錯覚することもある。そのため、不十分なロック状態が事故の原因ではないか」(同)という。


【関連記事】
介護ベッドで転倒事故−消費者庁が改修呼び掛け
介護ベッド用手すりで製品起因が疑われる事故
介護ベッド用手すりで「製品起因が疑われる事故」
支柱式手すりで製品起因が疑われる事故

東京都の2次元児童ポルノ規制、ちばてつやらが反対の記者会見(産経新聞)
厳戒態勢の中、抗議活動も=「第2昭南丸」到着の東京港(時事通信)
奈良の「神鹿」腹にボウガン刺さり衰弱(読売新聞)
「陸山会」土地問題まだまだ突っ込みどころ満載(産経新聞)
ネット書き込みでの名誉毀損めぐり最高裁が初判断 有罪判決確定(産経新聞)

南海高野線小型ヘリ墜落事故、嫌疑不十分で不起訴(産経新聞)

 「大阪航空」(大阪府八尾市)の小型ヘリコプターが平成19年、堺市の南海電鉄の線路に墜落し機長=当時(40)=と乗客=同(44)=が死亡した事故で、大阪地検堺支部は11日、乗客への違法な操縦教育が原因として航空法違反と業務上過失致死容疑で書類送検された機長を被疑者死亡で、同社の糸井俊之社長(71)ら3人を嫌疑不十分でそれぞれ不起訴処分とした。航空法違反容疑で書類送検された法人としての同社も嫌疑不十分で不起訴処分とした。

 堺支部は不起訴の理由として、「機長らが操縦教育をしたという十分な証拠がない」などとしている。

 事故は19年10月27日午後3時ごろ発生。小型ヘリのメーンローター(主回転翼)が何らかの原因で機体尾部に接触したために揚力が低下し南海高野線の線路上に墜落、炎上した。

【関連記事】
ハイチ大地震 救援ヘリが墜落、米国人2人死亡
群馬のヘリ墜落事故、原因に「コミュニケーション不足」?
岐阜知事、ヘリ墜落当夜に酒宴 「対応問題ない」
海自ヘリ墜落、海底で機体発見 乗員2人不明で捜索中
65歳の農大生、パラグライダーで墜落 北海道
20年後、日本はありますか?

携帯サイトに書き込まれた動機に「こんなくだらないことで…」怒る被害者 秋葉原殺傷(産経新聞)
みんなの党 じわじわと人気…支持率「野党第2党」(毎日新聞)
阿久根市長 3回連続で市議会本会議を欠席 鹿児島(毎日新聞)
捜査1課長を更迭=「私的な不適切行為」−警視庁(時事通信)
春の大雪 東北直撃 八戸で60センチ超(河北新報)

雑記帳 納豆の早食い世界大会…350gを30秒97で(毎日新聞)

 納豆の早食いを競う世界大会が6日、水戸市で開かれた。中国、ミャンマー、エチオピアなど5カ国から男女72人が参加。07年に優勝経験のある地元の会社員、中村正樹さん(44)が王者に返り咲いた。

 水戸納豆PRのため、地元観光協会が主催し、今年で10回目。ところが、バラエティー番組などで名を売った大食いの猛者たちが全国から集結し、水戸市民の成績は振るわなかった。

 出場9回目の中村さんは決勝で、わら納豆5本分(350グラム)を30秒97で完食。「毎晩食べてます。優勝を水戸に取り戻したかった」。納豆への愛がもたらしたナットクの結果か。【山内真弓】

桜咲く、高知で平年より13日早く(読売新聞)
新潮社側は争う姿勢 前衆院議員・船田氏の名誉毀損訴訟(産経新聞)
NATOと情報協定へ、アフガン治安関連に狙い(読売新聞)
大型連休に米運輸長官と会談検討=トヨタ問題もテーマ−前原国交相(時事通信)
裁判員「車で片道5時間」=選任前日から判決まで連泊−旭川地裁(時事通信)

小沢氏進退「自身で判断を」=前原氏(時事通信)

会計担当、資金一手に管理=小林氏陣営、外部のチェック入らず―政党支部や後援会も(時事通信)

 民主党の小林千代美衆院議員(41)=北海道5区=陣営と北海道教職員組合(北教組)をめぐる政治資金規正法違反事件で、逮捕された陣営の会計担当、木村美智留容疑者(46)が、衆院選の選挙事務所だけでなく、政党支部など小林氏に関連する資金を一手に管理していたことが4日、関係者の話で分かった。
 札幌地検は、不正な資金が流れた背景に、第3者のチェックが入らない会計管理の体制があるとみて、全容解明を進めている。
 関係者によると、自治労北海道幹部の木村容疑者は、2008年9月に衆院選に備えて選対事務所を構えた陣営で、事務局次長として会計事務を一人で担った。
 一方、以前から小林氏が代表となっている「民主党北海道第5区総支部」の事務担当者としても、会計を含む事務全般を統括。同氏の資金管理団体「ちよみネットワーク2000」と政治団体「小林ちよみ連合後援会」でも、政治資金収支報告書では木村容疑者が事務担当者で、会計の責任者は別の労組関係者となっているものの、この関係者は取材に対し、「実質的には木村容疑者が会計を担当していた」と証言、札幌地検に対してもこうした説明をしているという。 

【関連ニュース】
【特集】「陸山会」土地購入事件〜「小沢氏、幹事長を辞任すべき」72.5%〜
「大政翼賛会」は続かない〜民主・渡部元衆院副議長インタビュー〜
なれ合い政治から脱却を〜自民党・園田幹事長代理インタビュー〜
自民の歴史的役割終わった〜自民・舛添要一前厚生労働相インタビュー〜
場外戦にもつれ込む「小沢捜査」の内実

参院予算委、仙谷・原口・前原の3閣僚が遅刻(読売新聞)
警報下のマラソン開催は妥当=石原都知事(時事通信)
<新幹線>500系「のぞみ」最終走行 ファンが詰めかける(毎日新聞)
ふんわり春やね 大阪城公園で梅見ごろ (産経新聞)
<大麻吸引>中学生4人を児相に通告 大阪(毎日新聞)

今年を「うるう年」と誤認識…PS3障害(読売新聞)

 ソニー・コンピュータエンタテイメントは2日、同社のゲーム機「プレイステーション3」(PS3)の新型を除く機種で発生していた時計機能の障害が解消されたと発表した。

 同社の発表によると、時計機能が、2010年をうるう年と認識していたのが原因という。

衆院文科委 朝鮮学校あす視察(産経新聞)
<内閣特別顧問>稲盛和夫氏に辞令(毎日新聞)
“お宝”必至 限定「SUGOCA」相次ぎ登場(産経新聞)
3キロ引きずり死、元ホストが初公判で殺意否認(読売新聞)
首相、小沢氏と会談 「政治とカネ」対応協議(産経新聞)

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。